知的財産教育

関西学院大学では、「知的財産ポリシー」のもと、「知的財産教育」を知財活動の一つの柱に据えて、本学全体(学生・生徒、教員、職員)の知的財産能力(Intellectual Property Literacy)を向上させ、「知財が解る関学生」の輩出を目指しています。
   
■知財インターンシップ

知的財産について学んでいる学生を、インターンシップ生として中小・ベンチャー企業に派遣することにより、学生と中小・ベンチャー企業双方のレベルアップを図ろうとする取り組みです。
本学では、総合政策学部等において知的財産をテーマとした少人数制の専門ゼミも開設しており、本インターンシップにおいては、当該ゼミに所属する学生の中から一定のレベルに達している者を派遣します。
ご関心のある方は、お気軽にお問い合わせください。

2006年度以降、近畿経済産業局の「知財インターンシップ推進ネットワーク」および「知財支援人材育成のための実践的インターンシップ」事業に参加する形で、毎年学生を企業に派遣して一定の成果をあげています。

近畿経済産業局の「知財インターンシップ推進ネットワーク」事業については、こちらをご覧ください。